ビデオレッスン

Vol.101 サーブ編 サーブのグリップとスタンス

ポイント1:

サーブの時のグリップの持ち方は厚いのか、薄いのかを確認しましょう。

ポイント2:

つま先の向きや右足と左足のつま先の結んだ線がどこに向いているか、確認しましょう。

ポイント3:

薄いグリップにはクローズスタンスを、厚いグリップにはオープン気味のスタンスを、使いましょう。

メリット

もっとボールに変化やスピードをつけていくには腕の振り方だけでなくグリップとスタンスの変更をしたほうが近道になるケースがほとんどです、グリップが厚いまま曲がるサーブを練習しようとすると腕に負担がかかります、基本に立ち返り自分にあったグリップとサーブの球種をセレクトしましょう。身体を壊さないように練習しましょう。

閉じる