ビデオレッスン

Vol.23 鋭いバックボレー・右肘の向きをチェックしてみよう

ポイント1:

バックボレーのラケットセットのときに、右肘が、相手コートに向かないように注意する
ラケット面が立てば肘の向きは斜め下に向いて、自分側のコートに向いていると思います
ラケット面が立てば、飛んでくるボールよりも上からラケットがセットされやすくなり シャープに角度もスピードも得られます。

メリット

  • 角度がつけやすくなります
  • スライスの量が増えるので、バウンドしてからのボールが良くすべるように なります。
閉じる