ビデオレッスン

Vol.51 オーバーヘッドスマッシュ 回内と内旋

ポイント1:

回内とは?親指を内側に倒す動作の事です

ポイント2:

内旋とは?肘を90度に保ち、肩の高さにセットそのまま肘が動かないように、前に指先を倒していく動作です

ポイント3:

実際にボールを打つ時は、手首を使って伏せるのではなく内旋動作を使い、 肘を高い位置にセットしたまま降り終われるか!が大切です。

メリット

大きなロブが、飛んできた時もたくさん下がらなくても 頭の上で面を伏せる作業が出来るので、角度がつくしそして ダブルスで大事な相手足元への鋭いスマッシュが打てるように なります

閉じる