ビデオレッスン

Vol.56 オーバーヘッドスマッシュ 回内と内旋を使った練習

ポイント1:

ラケットは短く持ちましょう。

ポイント2:

肘を90度に曲げてラケットのグリップエンドが相手コートに向くようにセットしましょう。

ポイント3:

身体の向きは正面で肩幅くらい足を開きましょう。
形が決まったら地面にボールを打ちつけてみよう。

メリット

打ち終わった後に肘が落ちないようにする事が内旋動作。
打ち終わった後にラケット面が右側に向くのが回内動作です。
短くもったラケットのグリップが腕にぶつからないように最後まで振り切りましょう。
上手く出来たら同じ用に気をつけながらスマッシュを打ってみましょう。
ボールの打ちつける角度が変ってきますよ。

閉じる