ビデオレッスン

Vol.67 バックのドロップボレー アングル編 ラケットの作り方

ポイント1:

ラケットを持った左手が顔の前よりでたところで面を作りましょう。

ポイント2:

セットした形がラケットの先の方がネットに近づいてしまうのは、面が寝ている事になるのでよくありません。

ポイント3:

グリップからネットに近づいていくように、ラケット面を立ててセットして、 グリップエンドのマークを打ちたい方向に向けていくようなセットをしましょう。

メリット

面を立てることによりボールに逆回転が自然にかかり、ネットよりも低いボールも上手く角度をつけて ネット際に落とすことが出来るようになりますよ。

閉じる