ビデオレッスン

Vol.85 下がって打つバックのハイボレー 両手打ち編

ポイント1:

左手のフォアのハイボレーのようにテイクバックしましょう。
差込から引き抜くように。

ポイント2:

右肘は、顔の下に入るようにテイクバックして右膝の内側にグリップから寄せていきましょう。
左手が右手を追い越さないように注意です。

ポイント3:

身体の向きは大きく回さずに、左足から右足にその場で足を入れ替えましょう。
前に踏み込もうとせずに、入れ替えるだけで充分です。

メリット

スライス系のボールになりますので、ロブの多い女子ダブルスの雁行陣には深さのあるバウンドしてから滑るボールを打てるし、 平行陣にも浅いボールと角度の両方が丁寧にコントロールできるようになりますよ。

閉じる