ビデオレッスン

Vol.86 下がって打つバックのハイボレー 両手打ち編 フラットで打とう

ポイント1:

頭の近くを通るハイバックボレーは、フラットで処理しましょう。

ポイント2:

右肘は鼻先に高く上げましょう。
グリップエンドが相手コートに向くぐらい寝かせて追いかけましょう。

ポイント3:

右手首を前に移動させないように、左手が右手を追い越すように伏せましょう。
ボールにぶつかったら、すぐに後ろにラケットを戻してみましょう。

メリット

右足と左足の間にボールが落ちてこない大きいロブに対して、またロブで返球しないで、相手の足元に打ち返すことができるようになります。
前衛のバックのハイボレーにロブを上げて、前に出てくる戦術を使う事が多いので、この打ち方で相手足元に沈められるように頑張りましょう

閉じる