ビデオレッスン

Vol.88 フォアのハーフボレー ラケットの作り方

ポイント1:

右脇が大きく開かないようにボールを脇に挟んだままボールを打ってみよう。

ポイント2:

手の自由が利かないので足で近づいて行く事に自然になります。

ポイント3:

ラケット上部の縦ガットと横ガットが交差する部分を地面に一番近づけて、ラケット面のフレームに500円玉を乗せて落とさないように振り終わるくらい丁寧に打ちましょう。

メリット

ラケットの立てすぎやセット位置が上すぎるケースが多く見られます。
肘が大きく開かないように注意しながらラケットを出来るだけ低くセットしましょう。
スイングはいりません。
ポイントは、縦ガットと横ガットの交差する所が一番地面に近くなるように!です。

閉じる